アプリ

情報収集の方法はキュレーションだけで良い?

最近テレビのニュースを見て、「そんな事件が起こっていたの!?」と気づかされることが増えた。政治や経済、社会などの時事ニュースにうとなっているかも…と感じることはないだろうか。

●キュレーションアプリだけで、本当に大丈夫?

近頃は、情報収集に、「スマートニュース」や「グノシー」などの「キュレーションアプリ」を使っている人も多いのでは? キュレーションアプリには、ユーザーがよく読んでいるニュースのカテゴリや、FacebookやTwitterなどSNS上で話題のある記事を分析する仕組みが備わっている。その結果から、ユーザーが好みそうなニュースを選別してくれるので、興味のある記事をすぐチェックでき、簡単に情報収集ができる。

だが、「ストレートニュース」と呼ばれる、事実を端的に伝える速報性の高い記事は、SNSをはじめネット上で話題になる記事とは少し異なる。そのため、キュレーションアプリではこうしたストレートニュースは網羅されにくく、どうしても見逃してしまいがちに…。

もちろん、キュレーションアプリで自分好みの情報だけをじっくりチェックするのもいいが、日常で困る場面があるのも事実。例えば上司から、政治・経済の最新ニュースに関する話を振られたら…。週末にデートが決まったが、新しくオープンしたショップや注目のスポットについて、何も思い浮かばなかったら…。取引先との飲み会で、取引先が昨晩行われたサッカーの試合の話をしはじめたら…など、世のなか一般が興味・関心を持つストレートニュースを知っておくべきシーンがたくさんあるのだ。

●ストレートニュースを手軽にチェックするには?

そんな時のためにチェックしておきたいのは、新聞社や通信社のニュースを掲載している各種ポータルサイト。スマホでチェックしやすいアプリを展開しているサイトも多く、例えば、『Yahoo! ニュース』も、そのアプリ版をリリースしている。同アプリならそのウェブサイトのニュースをまるごと読むことができるうえ、以下のような便利な機能も付き、使いやすい。

●プッシュ通知で号外ニュースが届く

ニュース情報を得るには、自分からウェブサイトやアプリにアクセスしなければならないだろう。しかし、同アプリなら重要なニュースは「号外ニュース」としてプッシュ通知で教えてくれる。最近では「18歳選挙権が成立」という号外ニュースが配信された。このようにアプリをインストールしているだけで、最新のストレートニュースを気軽に読めるのがうれしい。

●スワイプでかんたん深読み!

ニュースを読んでいて、もっと詳しい内容を知りたくなったり、イマイチ内容を理解できなかったりしたことはないだろうか? 同アプリでは、画面をスワイプするだけで関連するニュースを読め、わかりにくかったニュースの理解度を深められる。

現在、キュレーションアプリだけしか使っていない人は、一度情報収集のありかたを考え直してみては? 何事も、バランスが大切。ストレートニュースもしっかりチェックしよう。まだニュースアプリを使ってない人は、今すぐダウンロードすべし。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加