ビジネス

30秒で自分を売り込む「エレベーターピッチ」

エレベーターピッチ
デキる人には共通点があります。それは、話が短く分かりやすいということです。これは多くの方が実感していることではないでしょうか。ビジネスだけに限らず、自分が考えていることを短時間で相手に伝えるスキルは大事です。がんばって長々と説明しても「結局、何が言いたいのか分からない」と思われてしまうと、意味がないどころかマイナスです。

ここ最近、「エレベーターピッチ」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないのでしょうか。エレベーターピッチとは、エレベーターの中のわずかな時間で初対面の人に自分を売り込むスキルのことで、ピッチ(pitch)は、売り込みや説明などの意味があります。もともとは、シリコンバレーの起業家がエレベーターの中で投資家に会ったとき、30秒で魅力的なプレゼンができなければ投資してくれる機会を逃してしまうと言われていたことがはじまりになっています。

難しい専門用語は使わない、センテンスを短くするなどのコツはありますが、まずは自分が伝えたいことについて100%理解していて、何を聞かれても答えられる準備がされていることが前提になります。ごくカンタンではありますが一例をあげてみます。

1.相手の興味を引く「つかみ」から話す(30秒お時間をください、など)

2.自分が何をやっていて、相手にどのような価値を与えられるのか数字を使って具体的に話す(競合他社よりも●割安い、など)

3.相手に何をジャッジして欲しいのかハッキリと伝える(~をお願いしたいです、など)

エレベーターピッチは、忙しい上司に簡潔に報告したり、持ち時間が短いプレゼンなどのシーンで効果を発揮します。詳しく解説されているビジネス書もたくさん出ていますので、ご興味をお持ちの方は習得されてみてはいかがでしょうか。

<あわせて読みたい>
コンサルタントの考え方から学ぶ! 問題解決能力を磨くには?
「なぜかお金持ち」な人が意識していること
翌日の仕事が捗る! “5つの夜習慣”とは?
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加