ビジネス

仕事力アップの秘訣は“照度”!? 

仕事で最も酷使するのは目。目の疲れにお悩みの方は少なくないのではないでしょうか。疲れ目の原因のひとつは、お部屋や机上の明るさ。明るすぎ、暗すぎは、作業効率にも関わってきます。

オフィスにおける視作業は、机上での書類作成、対面での打ち合わせ、PCの操作に大別されます。日本標準工業規格JISの照度基準によると、執務空間の適正照度範囲は500~1000lx、PC操作は300~750lx。それぞれの作業に適した環境づくりが必要とされるため、大半のオフィスでは、タスク・アンビエント照明が採用されています。タスクとは、書類や人の顔など視対象のこと、アンビエントとは、天井・壁・床など周辺のこと。そのそれぞれに合わせて、複数の照明を使用し調整する仕組みです。

スマートフォンには、照度センサが内蔵されており、さまざまな照度計アプリもリリースされています。日常生活で使いやすいのは「適正照度チェッカー」。測定場所や作業内容を選択し、実際に測定した照度をJISの照度基準と比較判定できるようになっています。作業が捗らないときは、照度をチェックしてみませんか? 明るさを調整するだけで、仕事力アップのきっかけになるかもしれませんよ。 (執筆:松本 英恵)(撮影:石井幸久)

<あわせて読みたい>
賢すぎるライト
疲れ目や肩こりの人に、ぜひ
色を「体験」できる知育アプリがおもしろい

適正照度チェッカー ※外部サイト
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加