ビジネス

名刺交換の正しい“高さ”

名刺交換時は「できるだけ下方に出す」「相手が出した名刺より下の位置に出す」、このような所作で謙りの気持ちを表わしましょう、と教わったことはありますか? 確かに、ビジネス上でのご自身の立場や、相手の方が目上かどうかは常に考えなければなりませんね。ですから、無礼にならないよう、相手の方より「明らかに高い位置」へ差し出すことは避けたいものです。

ただし、「何が何でも相手より下へ……」ということにこだわり過ぎはおすすめできません。ご本人同士は至って真面目であっても、傍から見ると滑稽に映ります! 以前、テレビ番組でお笑いタレントの方が名刺交換をするというシーンで、お互いが下へ下へとエスカレートしていき、床近くでの交換となった、といった場面がありました。そんなコントのような名刺交換にならないために、まずは、相手の方より「やや」下に差し出す。その際、もし相手があなたの名刺より下の位置に移動させたら、それ以上は下げず同じ高さで交換する。ある程度の所でストップさせるのが、大人として逆にスマートなのではないかと感じますし、相手の方が受け取りやすい位置へピシッ!と差し出すのもマナーなのではと思います。 (執筆:諏内 えみ)

<あわせて読みたい>
名刺交換は二人目が勝負!
スマートな名刺の渡し方
名刺をすべて持ち歩く方法
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加