グルメ

「ピザ」と「ピッツァ」は食べ方が違う

「ピザ」と「ピッツァ」は同じ食べ物ではなかった? 1940年代に日本に最初に伝わったのが、厚めの生地が特徴のアメリカ式のピザ。一方、1980年代の「イタ飯ブーム」で日本に広まったのが、薄めの生地が特徴のイタリア式のピッツァ。現在の日本のイタリアン業界ではこのように表記によって、厳密には区別されているようです。そしてこのピザピッツァ、生地の厚さだけでなく、食べ方も違うのです。

■「ピザ」は手づかみで「ピッツァ」はナイフとフォーク

アメリカ式のピザは、みんなでわいわいシェアする食べ方が主流なので、手づかみで食べることが想定されています。そしてイタリア式のピッツァは、一人で食べることが前提とされています。現在では、すべてのイタリア人が実践しているわけではありませんが、ナイフとフォークで切り分けて口に運ぶのが正式な食べ方なのです。

またイタリア式のピッツァはアメリカ式のピザと比べて生地が薄いです。その特徴を利用して、くるくると内側に丸めてコンパクトに。一口サイズに収まったピッツァであれば、トッピングやソースが口からあふれることなく、美しく食べることができます。

あなたはピザとピッツァの違いの話、初耳でしたか? これまでピッツァを手で取って食べていた方は、ナイフとフォークでスマートに食べてみるのも一興かもしれません。

More info
「林先生が驚く初耳学!」

※2016年7月10日(日)の放送はお休みです

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加