グルメ

機内食でガッカリしないため、覚えておきたいメニュー選びのコツ

海外旅行の際に飛行機でいただく機内食。その味には大きな期待はしていなくても、やっぱりできるだけおいしいものを食べて、旅のテンションをあげていきたいですよね。というわけで、メニューの選択肢のなかからできるだけおいしい方の機内食をオーダーするコツをご紹介します。

機内食は基本的に出発地でつくられているので、出発地にゆかりのあるメニューの方が評判が良いのが特徴。食材の調達のしやすさや、本場の味を知る人が調理に携わることのできる環境などを考慮しても、なんだか納得ですよね。そのため、日本発の便では日本食、海外発の場合はその土地の料理をオーダーする方がベターといえそうです。海外旅行も終わりが近づきはじめると、ついつい日本の味が恋しくなり、機内食を選ぶ際にもつい日本食をオーダーしたくなるもの。でも、機内ではもう少し旅の余韻を味わって、旅先の味覚を堪能してみてはいかがでしょう。思いのほかおいしい機内食にお目にかかれるかもしれません。 (執筆:原 貴子)

<あわせて読みたい>
海外旅行のエアラインは機内食で賢く選ぶ
飛行機の座席をゆったり使える“かも”しれない秘策
日帰りより安い1泊2日があるってホント?
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加