グルメ

私達はなぜ、締めのラーメンを食べてしまうのか?

暑い日は「とりあえずビール!」ですが、飲んだ後は「締めの一杯!」と称してラーメンという方も多いのでは? ではなぜ、アルコールを摂取した後はラーメンを食べたくなるのでしょうか?

実はこの現象、気分の問題ではなく、体のメカニズムが関係していたのです。体内に摂取されたアルコールは肝臓に送られ、そこで分解されますが、その時に必 要なのが非必須アミノ酸のアラニン、亜鉛、ビタミンB1、グルタミン酸などの栄養素。ラーメンにはこのなかからビタミンB1を除いた3つの栄養素が含まれ ていることが多いのです。

例えばアラニンは鰹節や豚肉、亜鉛は貝類や鰹節、グルタミン酸は小麦粉や大豆など。さらにビールなどのアルコールは利尿効果が高く、体内の水分が減っているため、スープのある麺類=主にラーメンを口にしたくなるという訳。

飲酒後のラーメンは体のメカニズム的にはアリなのですが、食後すぐに寝ると体内に蓄積されたままのカロリーはそのまま脂肪になってしまいますのでご注意 を!「今日は沢山飲むかも」という時は、一緒にチェイサー代わりの水を摂るようにするとアルコールによる脱水症状も防げますよ。

<あわせて読みたい>
なぜ人は、映画を見ながらポップコーンを食べるのか?
チキンラーメン×ジュースで本格イタリアン
パスタを一瞬で中華麺に変える方法

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加