ライフ

ラ・フランスは、フランスではとっくに絶滅している

洋梨の中でも人気の品種であるラ・フランスは、1864年にフランスで発見され、「フランスを代表する美味しさだ」ということでラ・フランスと名づけられました。しかしこのラ・フランス、本場フランスでは、とっくの昔に絶滅しているってご存知でしたか?

■現在、ラ・フランスを栽培しているのは日本だけ

ラ・フランスがフランスで絶滅したのは1900年代初頭。他の品種に比べ、栽培期間が長いラ・フランスは病気にかかりやすく割に合わないので、フランスでは栽培を諦め絶滅してしまったということです。

現在ラ・フランスを栽培しているのは、世界の中でも日本だけ。日本に最初に持ち込まれたのは、フランスで絶滅寸前だった1903年。フランスの農家が諦めた栽培を、日本の農家が研究を重ね、大切に育て上げて生産を安定させました。

日本でしか作ってないなんて……。ちなみにそのうちの77%が山形県で栽培されてします。もはや「ラ・ヤマガタ」と呼んでもいいくらいかもしれませんね。

 

More info
「林先生が驚く初耳学!」

2016年11月20日(日) よる10時00分~10時54分
MBS - TBS系全国ネット
司会:林修、大政絢
出演者:澤部佑(ハライチ)、鈴木梨央、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、つるの剛士、徳光和夫、中島健人(Sexy Zone)、吉本実憂
ゲスト出題者:中野瑞樹(フルーツ研究家)

次回の放送内容:今回は、つるの剛士さんが科学の知識で林先生に挑戦! ろうそくの不思議な現象を実験を交えながら出題。また、フルーツをとことん極めたフルーツ研究家・中野瑞樹さんが登場。7年間果実だけを食べて生きているという中野さんからは、我々の常識を変える意外な事実が明らかに。さらに、聞いてビックリ!? 肉の品質にまつわる衝撃の事実。“無性に食べたくなる食べ物”に隠された体からの意外なサイン。最新のはさみに隠され切れ味の秘密など、多彩なジャンルの“初耳学”が続々登場!!

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加