ライフ

マクドナルドのハンバーガーは「がん治療の技術」でおいしくなった

安さ・便利さ・おいしさを追求し続けるファストフード業界では、今日も激しい競争が繰り広げられています。そのなかで、進化をやめないのが、ド定番と言えるマクドナルドのハンバーガー。そのおいしさの秘密には「がん治療の技術」が関わっていることを知っていますか?

■がん温熱療法に用いる「高周波加熱機」で肉汁を逃がさない

ハンバーガーに使われる牛肉はオーストラリアやニュージーランド産で、鮮度保持のため-15℃以下の冷凍状態で日本の工場に搬入されます。従来は蒸気による解凍機で表面から解凍していましたが、ドリップ(肉汁)が多く出てしまい旨味が逃げていました。

そこで採用されたのが、がん治療に用いられている技術を応用した「高周波加熱機」です。がん細胞は熱に弱いと言われますが、外から直に加熱する程度では細胞の深くまで届きません。そこで登場したのが高周波治療器による「がん温熱療法」。高周波ならば、表面からではなく内部まで均一に熱を加えることが可能なため、治療に有効な手段として活用されてきました。

マクドナルドは、この技術を牛肉の解凍に応用したのです。内部まで均一に熱を加えることで、表面から解凍をおこなうのに比べて、肉汁の出る量が非常に少なくなりました。おかげで旨みをぎゅっと閉じ込めたおいしいハンバーガーを作れるようになったというわけです。

手軽においしく食べられるマクドナルドのハンバーガーは、厳しい品質管理による輸送と最新技術の意欲的な導入の賜物なのです。多くの人が口にするファストフードだからこそ、この先も、その品質とおいしさが高まることに期待したいですね。

More info
「林先生が驚く初耳学!」

2016年11月27日(日) よる10時00分~10時54分
MBS - TBS系全国ネット
司会:林修、大政絢
出演者:佐野ひなこ、澤部佑(ハライチ)、千原ジュニア、中島健人(Sexy Zone)、船越英一郎、松本来夢、宮崎美子
ゲスト出題者:中室牧子(教育経済学者)、堀口茉純(歴史作家)
VTR出題者:阿部寛

次回の放送内容:今回は、2度目の参戦にして早くも林先生の“天敵”候補!? 阿部寛さんが参戦! フィギュアスケートで投げ込まれる花束にまつわる驚きの秘密を出題。また、「江戸時代」をとことん極めた歴史作家・堀口茉純さんは、江戸時代の“モテメン”たちをテーマに、さまざま人物にまつわるエピソードを紹介するとともに、徳川将軍一の“モテメン”だったといわれる人物の体に隠された驚きの秘密を出題する。このほかにも、水族館の「エイ」が貢献しているある意外なコトや、国内最大のバスターミナル「バスタ新宿」のコンビニにまつわる驚きの事実など、聞けば誰かに話したくなる珠玉の初耳学が続々登場! さらに、大反響の教育経済学者・中室牧子氏の“キレイごとゼロの教育論”では、たった10個の質問に答えるだけで「人生に成功するために必要な力」が数値でわかる、気になるテストも紹介する。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加