ライフ

女性が付き合ったら幸せになれる男性の特徴とは?

付き合うことで女性を幸せにしてくれる男性もいれば、不幸にしてしまう男性もいます。女性は男性のどんな人と付き合うと、幸せになれるのでしょうか?

■幸せにしてくれる男性って?

付き合うことで女性を幸せにしてくれる男性もいれば、不幸にしてしまう男性もいます。女性は男性のどんな人と付き合うと、幸せになれるのでしょうか?

今回は、女性が付き合ったら幸せになれる男性の特徴の主な3つを紹介します。

■その1:釣った魚だからこそ、大事に飼うタイプ

付き合い始めると、良くも悪くも変わる男性は多いもの。敢えて2パターンに分けると下記です。

A:釣った魚に餌をやらないタイプ
B:釣った魚だからこそ、大事に飼うタイプ

当たり前ですが、Bタイプの人と付き合った方が、女性は幸せになれることが多いです。

Aタイプの男性は、付き合う前までは連絡もマメで、デートも色々なところに連れて行ってくれますが、付き合った途端、メールの返事をなかなかしなくなったり、家でばかり会いたがったりします。

今までは、「相手を喜ばせるためにやっていた」というよりは、「落とすためにサービスをしていた」に過ぎず、また彼にとって彼女は、“役立つ相手”くらいにしか思っていないことも多いからです。

逆にBタイプの男性は、付き合った前も後も、そこまで態度が変わらず、むしろ付き合った後の方が、自分の家族や友達を紹介したり、2人での楽しい思い出をたくさん作ったりしてくれます。相手の喜んだ顔を見たら、自分もHAPPYになるし、「彼女と自分はペアなのだ」と考えるからです。

性格的には、Aタイプの男性は、狩猟タイプで向上心が強い傾向はありますが、自己中心的です。逆にBタイプの男性は、保守的な傾向もありますが、思いやりがあります。

男性の中には、「彼女が自分のものになったら、手抜きをするのは当たり前」くらいに思っている人はいます。そういう人は、不満を言う彼女に対して、「わがままだ」くらいにしか思わない傾向があります。

でも、付き合う前と後で態度が変わってしまったら、相手が戸惑うのも無理はありません。女性からしてみたら、“マメ男性詐欺”です!(苦笑)

将来も見据えた関係なのであればなおさら、パートナーと自分は人生共同体となってくるので、相手が幸せでないと自分も幸せではなくなります。つまり、相手のHAPPYは自分のHAPPYにつながるのです。それをAタイプの人は、分かっているのか? ってことですよね。

もし女性が幸せな恋愛をしたければ、「GETしたら、もうこっちのもの!」なんて思っているような残念な男性よりは、相手を自分のことのように大切にしてくれる相手と付き合った方がいいでしょう。もちろん自分自身も、彼を自分のことのように大事にしないとダメですよ?

次は、恋が始まった頃は「あばたもえくぼ」状態だからこそ、見落としてしまいがちなことです。

■その2:誰に対しても優しくて誠実な人

「自分にだけ優しくしてほしい」と願う女性は意外といます。でも、好きな人だけにしか優しく出来ないような人は、本当の意味で優しい人ではありません。本当に優しい人は、みんなに優しいのです(※ただし、思わせぶりな態度は、優しさではありません)。

逆を言えば、好きな人だけにしか優しく出来ないような人は、好きではなくなった(=恋心が落ち着いてきた)途端に、手のひらを返したように態度が変わることもあるでしょう。

付き合っていくと、時に誤解したり、意見が合わなかったりと、色々な問題が起こることもあるでしょう。それによって、「相手を好き」だという気持ちですら薄まることだってあります。そんなときに逃げずにきちんと話し合いをできる人は、誠実な人だと言えます。

関係は育んでいくもの。話し合いによって、新たな絆が生まれ、よりお互いに相手が唯一無二の存在になることだってあるのです。

また誰に対しても誠実な人は、周りの人から愛されます。結局、付き合うということは、「相手とペアになること」でもあるので、相手が人から好かれることによって、自分も心地よくなることは多いし、逆も然りです。だからこそ、人として誠実な人と付き合った方が、幸せになれるのです。

■その3:一緒にいても、自分らしくいさせてくれる人

理想の恋愛観、結婚観を抱き、それにパートナーを当てはめようとする人というのは、男女問わずいます。相手に自分の理想を押し付け、変えようとする人もいます。

もちろん自分に欠点があり、直した方がいいことであれば、それを指摘してくれるパートナーには、ある意味、愛はあります。

ただ、それが欠点ではなく、直しようのない自分の持ち味(キャラクター)に関するダメ出しだったり、自分の不向きなことを押し付けてくるような場合は、一緒にいればいる程、窮屈な思いをしたり、自分らしさを失ったりしてしまいます。

結局、「こうでなくてはならない」というルールにがんじがらめの相手だと、自分が合わせるしかなくなってきます。でも、無理をしないと合わせられないようなことだと、人は自分らしさを失い、どんなに恵まれた環境でも幸せではなくなってきます。

本来、幸せになるための方法は、無限にあります。理想ばかりを抱かないで、柔軟性を持って、お互いに心地よい環境を作っていった方が、結果、関係も長続きするでし、それが難しい場合は、離れた方がいいこともあるでしょう。

ここまで「女性が付き合ったら幸せになれる男性の特徴3つ」を紹介してきました。では、そういう相手を見抜くためにはどうしたらいいのでしょうか?

■付き合ったら幸せになれる男性を見抜くには?

付き合ったら幸せになれる男性を見抜く方法として、当たり前ですが、DV、浮気癖、借金がある人、信用できない人、さらに自分勝手な人、思いやりのない人かどうかは見た方がいいですし、そういう相手なら避けた方がいいです。

ただ、「その1」で紹介した、「釣った魚だからこそ、大事に飼うタイプ」かどうかは、「付き合ってみないと分からない」ところが大いにあります。

もちろん「趣味なども飽きっぽく、熱しやすく冷めやすいタイプ」だったり、「恋愛がゲーム感覚の人」などであれば、釣った魚に餌をやらないタイプになる可能性は高いです。でも中には、本当に人を愛すると大切にする人もいます。

ただ、唯一、見抜きやすいことで言えば、付き合う前に、普通以上に頑張りすぎている人の場合は、付き合った後に変わる可能性は高いです。

そういう人は、付き合えたことでの安心感とスタミナ切れで、マメさがなくなることはあります。それはある意味、仕方がないことだとも言えますが、そうは言っても、落差がありすぎる場合は、やはり残念に思う女性は少なくないでしょう。

だから、付き合うときには、「相手が何をしてくれるか?」ばかりで魅力を測るのではなく、「相手が無理をしていないか?」や、ふと見せる「素の部分」もよく見ておくことは大切です。

また、相手が変わってしまうのは、男性だけが原因ではなく、女性側が変わってしまったことで、彼の恋心が薄れ、連絡をマメにしてくれなくなることだってあります。

そういった場合は、今後、どんなに素敵な人と付き合っても、自分のせいで恋を壊してしまいます。自分自身をもう一度客観視し、「何がいけないのか?」をよく分析し、直しましょう。

おそらく付き合い始めたら、関係を続けさせるために頑張る人は多いと思います。それは大事なことです。でも、もし「一緒にいて幸せではない」「悩んでいる時間が増えた」という人は、きちんと相手と話し合いをして、それでもどうしても関係が改善されない場合は、早めに別れた方がいいこともあります。

残念な人と長い間付き合ってしまったことで、女性としての自信を損ない、輝かなくなってしまう人は少なくありません。それはもったいないことですよね。

やはり付き合うのであれば、自分も相手も幸せになれるような関係を築きたいもの。そのためには、自分自身の「恋愛(結婚)観」と「人を見る目」を磨く必要があります。

今回、ご紹介したことを参考に、どうか幸せな恋愛を掴んでくださいね。

(執筆:ひかり)

<あわせて読みたい>
次の恋は、“隠れイイ男”を探しませんか?
「一緒にいると幸せになれる男」の条件3つ
“懲りない”女性は幸せになれるのか

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加