ライフ

いま日本人を襲う「新型栄養失調」とは?

今日はこんな記事をご紹介しましょう。

40代に増えている「新型栄養失調」とは?

これね、40代の人を対象に書いていますけれど、ほとんどの日本人がこのパターンに陥っているような気がしてならないんですね。

今の日本は何でも簡単に手に入ります。コンビニは24時間やっているし、牛丼屋さんも24時間やっているお店がけっこうあったりして。正直、ご飯を食べようと思ったら、冷蔵庫が仮に空っぽだったとしても、ちょっと外へ行けば何かしら食べられる状況にあります。

でも、コンビニや牛丼屋さんで手に入るものは「米」や「パン」とご飯の上に乗った「肉」かその上にさらに乗せた「生卵」みたいなもので、炭水化物と たんぱく質、脂肪はたっぷり手に入りますが、ビタミンやミネラルがまったく手に入らない。カップ麺を食べたとしても状況はほぼ同じですよね。

だから、過剰の栄養素(=炭水化物、たんぱく質、脂肪)と、不足する栄養素(=ビタミン、ミネラル)ができてしまいます。

人間の体というのは、ビタミンやミネラルがないと栄養素をエネルギーとして使うことができません。だから、エネルギーとして使えない栄養素は脂肪細胞に蓄積する……だから太る、という悪循環。

これやってるの、40代の人ばっかりじゃないでしょ? それぞれに「ドキッ」としたんじゃありませんか?

栄養素のバランスが崩れると、こういうことになってしまうんです。だからこそ「野菜を意識して」ということになるのですが、「野菜中心」というのはまた話は別。この辺が、栄養学の面白さであり、難しさでもあるんですよね~。しみじみ。

(執筆:平井 千里)

 

<あわせて読みたい>
「食事にサプリメントは必要か?」栄養士による最新の答えは…?
栄養士も納得! パスタ中毒のオードリー・ヘップバーンがスリムだった理由
「葉酸」を摂るべきは妊婦だけじゃない! 実は意外なあの病気の予防にもなると話題

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加