時事

日本は世界一「水」を輸入している国だった

日本は世界的にも降水量が多く、島国でもあり隣接している国もないことから、豊富な水資源を持っています。しかし日本は、世界一“水”を輸入している国であることをご存知でしょうか? この事実には日本の食料自給率が深く関わっています。

■要因は“日本の食料自給率の極端な低さ”

「食料自給率」とは、国内の食糧消費が国産でどの程度まかなえているかを示す指標です。日本はこの食料自給率が40%程度と、他国と比較して極端に低いのです。つまり、国内の食料の残りの約60%を“輸入に頼っている”ということです。

しかしなぜ、食料自給率が水の輸入量と関係するのでしょうか?

例えば、ある日の夕食に外国産の牛肉のステーキが並んだとしましょう。肉牛が育つまでにどれだけの過程があるか想像してみると、飼料を作るのに必要な水+牛の飲み水など、最終的に食卓に届くまでに大量の水が必要になっていることが考えられます。

つまり食料の輸入は“間接的な水の輸入”と捉えることができます。この見解に基づいた仮想の水のことを「バーチャルウォーター(仮想水)」と呼びます。

■日本も海外の水問題に無関係ではいられない

“日本は食料自給率が低い=食料を輸入に頼っている”という話に戻ると、このバーチャルウォーターがどれだけ動いているか想像できると思います。日本は世界一、水を輸入している国ということになり、海外の水資源に依存していることになります。海外諸国で問題となっている水不足に対して、日本も無関係ではいられないのです。

More info
「林先生が驚く初耳学!」

2016年1月17日(日) よる10時15分~11時9分
MBS - TBS系全国ネット
司会:林修、大政絢
出演者:澤部佑(ハライチ)

次回の放送内容:これまでに番組で認定された148個の“初耳学”の中で、大きな驚きとともに林先生の記憶に残った選りすぐりの“初耳学”を集めてお送りする。大爆発とともに完成する栄養満点の最強ジュースや、格安な家賃で住める絢爛豪華な世界遺産、さらに上空3万メートルの意外な事実・・・。林先生が全く知らなかった情報や、説明できずに悔しい思いをした知識など数々の、驚いて翌日ひけらかした“初耳学”が登場する!

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加