福岡県
1 281
おはようございます。今日は、リアル解剖学入門講座でお伝えしている解剖学ボディイメージイメージつくりSTEP4 です。

STEP4【動く】

STEP3で、骨や筋肉のイメージと、触ったり、触られたりしたときの感覚をむすびつけました。
STEP4では、イメージと〝動く〟を結びつけていきます。

「肩関節は丸いのでクルクルよく動くなぁ。」
「肩甲骨を肋骨の上を滑らせるように動かしてみよう。」
「棘上筋を意識して腕を上げてみよう。」
「梨状筋を意識すると股関節が安定するぞ。」

というふうに、筋肉や骨格を1つ1つイメージしながら、その構造にあった動きをしていくことで、それぞれの筋肉や骨格の特徴や役割を知ることができます。また、自分で意識して、筋肉や骨を効率よく安全に使うことができるようになります。

身体コントロール力が高まることで、生活動作やスポーツのパフォーマンスにも変化が生まれます。

イメージに沿って体が動かせるようになると、体の中の骨や筋肉に動かせるというリアリティが加わるので、ますます解剖学が楽しくなります。

リアル解剖学スケージュール
↓↓↓
http://anatomy-yoga.com/ws-schedule/
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加