静岡県
2 384
【柏戦プレビュー】
~ホーム4連勝へ。したたかに戦おう!~
#spulse

エスパルスは、前節C大阪と対戦した。前半に24分にコーナーキックから、さらには33分にはフリーキックからと、セットプレーで立て続けに失点するという苦しい状況。しかし、この状況を打開したのは、昨季終盤9連勝のスタートとなった第34節C大阪戦で活躍した2人だった。松原后のドリブルで得たPKを金子翔太が落ち着いて決めて反撃の狼煙を上げる。さらに、60分にはスローインを受けた北川航也が反転してシュート。これがゴールに突き刺さり、ついに同点。北川は、73分にも松原のクロスにヒールで合わせる芸術的なゴールを決めて、今季初の逆転勝利でC大阪を首位の座から引きずり下ろした。

好調なチームを支えるのは、リーグ前半戦でなかなか活躍できなかった選手たち。北川は今季初先発で初得点、そして逆転となる貴重なゴールを決めるなど、
「ここまでなかなか結果出せず、サポーターの皆さん、監督にも申し訳ない気持ちだった」
と悩んだ末に、チームを勝利に導く活躍をしている。また北川と2トップを組んだ長谷川悠も、その1人。オフサイドで取り消される幻のゴールもあったが、前節試合後、周囲とのコンビネーションが良好になってきていることを実感している。先発に定着し始めた第18節G大阪から、その存在感は日に日に増しており、今節が古巣対決ということもあり、より気合いの入る試合になるだろう。この2人には引き続き期待が高まる...

全文は公式ウェブサイトをご覧ください。
http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/37342/
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加