東京都
8 436
https://www.lpga.or.jp/news/info/25888
 2017年LPGAツアー第32戦『富士通レディース』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)がいよいよ明日開幕する。舞台となる千葉県千葉市の東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,662ヤード/パー72)ではプロアマトーナメントが開催された。

 今大会のホステスプロの柏原明日架は明日以降の天候悪化を心配しながらも、それも自分にとって有利に働くのではと期待を高めている。

「コースは距離が長いほうなので、雨が降るとドライバーのランも出ませんし、飛距離が出る選手が有利になってくると思います。また、フェアウェイが広くて、曲がったときにラフに入れても、それほど芝も長いとは感じていないので、その点でも飛距離が出せる選手には有利に働くんじゃ無いかと」。

 昨年大会では、初めてホステスプロとして出場し、緊張感があったと振り返る。今年はもちろんホステスプロとしての責任は感じながら、プレッシャーは全く感じていないと言う。それは単に慣れたと言う意味でなく、今のゴルフの状態が上がり調子だからだ。

「このタイミングでホステスの大会があるのは時期的にもいいと思っています。良い状態ですし、良い調整もできていると自信を持って言えるので、天候次第ではありますが、ベストなコンディションでのぞむだけだと思っています」。

 今シーズンは優勝まであと少しと言うところで何度も悔しい思いをしているだけに、柏原自身も目指すところは優勝しかないときっぱり言い切る。大事な大会で悲願のツアー初優勝を挙げることができるのか。まずは明日の大会1日目に注目したい。
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加