山口県
3 264
~七五三のお参りについて~

3才の男女児、5才の男児、7才の女児が晴着を着て、親子そろって神社にお参りし、子供の成長を神さまに感謝するとともに、これからの無事を祈ります。七五三は、この年頃の子供の年祝いをする古くからの風習に由来するもので、代表的なものは3才の「髪置」、5才の「袴着」、7才の「帯解」の祝いです。「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。また男児は「袴着」で袴を着始め、女児は「帯解」でそれまで付け紐で着ていた着物から帯でしめる着物にかえました。人生儀礼である七五三を終えて、晴れて一人前として扱われるようになったのです。
ご都合のよろしい時に七五三詣をされ、御神前に無事成長の感謝と今後のご加護を御祈願されますようご案内申し上げます。

※御祈願の「予約」は必要ありません。
詳細はこちらを御覧ください
http://www.hofutenmangu.or.jp/kigansai1.html

御祈願を受けられたお子様には、お守り・千歳飴他お祝いの記念品を授与致します。

七五三詣の詳細はこちらを御覧ください
http://www.hofutenmangu.or.jp/kongetunogiyouji/H27.753.html
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加