東京都
2 801
【「日出ずる国の営業」が本になりました!
「心を磨く営業」出版記念 プレイバック特集 甲斐道場】

今週は、「心を磨く営業」に登場する「師範」をご紹介していきます。

スイッチを押すのは自分

甲斐さんは入社後、社内コンテスト入賞を目標としてやってきましたが、しかし、「6年目にほんの僅かの差で入賞できなかったのです。それも、自分ではどうにもならない他律要因でした。それでとたんにガタっと気分的に落ち込んでしまいました。今までずっと目標を達成してきたことが張り合いになってきたので、急に自分に自信が持てなくなってしまったのです。
そして、立ち止まってみると、急に不安になりました。ふと周囲を見渡すと、自分の同期や同僚は皆ベテランの領域。自分は何も変わっていない、何も成長していない、自分ってダメだ・・・と、自分の全否定にまでなってしまいました。
加えて、子どもたちが親離れをしていったことも、目標を見失う要因ともなりました。
ある意味、燃え尽き症候群だったのかもしれません。目標に到達しない、自己嫌悪に陥る、ストレスが溜まる、楽しくない・・・の悪循環。そんな日々がしばらく続きました」

どうやって復活したのですか?

「同僚たちのがんばりですね。互いに励ましあってきた同僚の前神さんに、言われました。『お客さまがいるでしょ。働かなきゃ。目標を追いかけるのも大変だけれども、仕事をしてないともっと大変になる』と。それでふっと迷いから抜けました。
そして改めて思ったんです。人と比べてはダメ、『私は私』。元々貧乏性で、常に動いているのが好き、足は止まっていませんでした。そうして動いている中でまた復活してきたのだと思います。同僚や先輩の背中に励まされました」

長いビジネスパーソン人生、時には落ち込む時期もあるでしょう。でも、スイッチオンの機会もまた色々あるはず。何を自分のスイッチとしてとらえるか?-それが、復活する要因となるのですね。

(写真)甲斐さんは、プルデンシャル生命では女性で2人目のエグゼクティブ・ライフプランナーの認定を受けました。認定式において、エグゼクティブ・ライフプランナーとなった軌跡と抱負をスピーチ。

--------------------------------------------------------------------------------
甲斐さんなど、30名の師範による90の指南をまとめました!
「プルデンシャル流 心を磨く営業」好評発売中!
http://amazon.jp/dp/4833422557
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加