※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
石川県
5 128
北陸物語案内人の若井です。

先日(8月30日)に兼六園に行ったら、霞ヶ池(ほとりに徽軫灯籠が立つ池です)の水位が下がっていました。
これは今年6月に倒れた蓬莱島の景石を元に戻す工事を行ったからでした。
景石は重さが約2トンもあり、池の中に重機を入れて作業をするため、水位を下げたそうです。
すでに工事は終わっていて、徐々に水位を戻し、今週には元に戻る予定だそうです。

霞ヶ池の水を逆サイフォンの原理で噴出させる日本最古の噴水もストップしていました。
観光に訪れた皆さんは物足りない感じでしたが、水の止まった噴水はめったに見られないことなので、これも貴重な光景ですね。
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加