※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
岩手県
9 143
◉ーーーー◉◉◉◉ーーーー◉
いつもありがとうございます。
小綿商店5周年迎えました。
◉ーーーー◉◉◉◉ーーーー◉
東京から岩手に戻ってきて5年と3ヶ月。
上堂にお店をやると決めて5年と2ヶ月。
そして、今日9月3日でお店を始めてから満5年が経ちました。
5年前の今日は、5年後の自分たちがこんな形で店をやってるなんて想像もつきませんでした。

この1年はたくさんの方々のご協力のお陰で、
少しずつイベントに出店する数を増やしたり、
お店の限定パンやスウィーツを多く作ったり、
農場での作業も去年までに比べるとだいぶ力を入れる事ができました。

それでも毎日、ショーケースに並ぶパンを見ると「今日のパンはみんな旅立ってくれるかな」と不安です。

足を運んでくれる方がいる事、「また来るね」と声を掛けてもらえる事、カウンター席で色んな話を聞いてもらったり、教えてもらえる事、
どれもあたり前の事ではないんだと、
改めて思います。

皆様、いつも小綿商店にお越し下さり、
本当にありがとうございます。

5年間、
毎日毎日日々の業務に追われ、
「今」を維持する事に手一杯でした。
でも、お店の長期休暇を頂いて、
自分たちのイベントをやったり、
他県、他国の地を踏むと、
やってみたい事、やらないとダメだ‼︎と思う事がどんどん増えてきて、
兄と私達夫婦、今のスタッフではもう追いつかない、
そんな状況でした。

5周年ってまだまだですが、
自分達としては1つの節目でした。
なので、実はお店の感謝祭をする予定でした。
が、これも、またバタバタしてた事を理由に流れてしまい、、、
このままではダメだ、と強く気づかされました。

やりたいことはやる。
やるかやらないか。
やったら、やるしかない。

という事で、ご報告です。

小綿商店、八幡平のルーデンス農場にも
ベーカリーカフェ 作ります。
もう1人の兄夫婦が作るMOWMOWFARMの農枝夢ジェラートも一緒です。

もちろん、上堂のお店も続けます。
ここは、気がついたら自分達自身が、とっても大好きで大切な場所になっていました。
ここなしは、考えられません。

この報告、
これを言葉にするまでは、3年近くぐるぐるぐるぐる考えてました。
2坪しかない厨房で、これから先色んな展開を考えるシェフの希望は叶えられない、
単純に妹として兄の体が心配だった、
この先の農場の事、
私達夫婦やりたい事をやる為には、何が1番いいのか。

ずーーーーーーーと考えても、
結局何が1番いいかは、分かりませんでした。

なので、1番好きな場所で、
次なるステップに進む事にしました。

ここに至るまで、話を聞いてくれたたくさんの方々、増築するだの、店舗探すだの、あーだこーだ言ってたのにごめんなさい。
あの話があったら、この結論がでました。
本当にありがとうございます。

と、いうか、
至るまで、も何も、まだ何も始まってないのですが、言葉にしてお伝えできた事、
それが自分達にとっては、とても難しかった、大きな一歩でした。

長くなりましたが、
6年目もまた、いつ来ても楽しいお店、気楽に足を運べるお店、そして、行く末が気になる商店目指して、前のめりですすんでいきます!

どうぞ、見守りください。

2018年9月3日 小綿商店
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加