※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
石川県
2 216
北陸物語案内人の若井です。

金沢の街なかの木々もだいぶ色づいてきましたが、負けずと紅く染まった近江町市場。
11月6日に北陸ではズワイガニ漁が解禁となりました!!
さっそく店頭並ぶ7日の朝、カニ漁解禁で盛り上がる金沢の台所・近江町市場に行ってきました。

この日を待ち焦がれていた地元の人達がねらっていたのは、香箱ガニ。
皆さん、慣れた手つきで品定めをしてポンポン買っていきますが、私は自信がないのでお店の人に選んでもらいました。ゆでたものも販売していますが、生きたものを買って家でゆでる方が一般的です。

香箱ガニとは、メスのズワイガニの石川県での呼び名で、オスのズワイガニは加能ガニとなります。加能ガニには水色のタグが付いています。
ちなみに、福井県ではメスのズワイガニはセイコガニ、オスは越前がにとなり、越前がにには黄色いタグが付きます。

香箱ガニとセイコガニは、資源保護のため、漁期は12月29日で終了します。
最近では、メスのズワイガニの人気が高まり、値段もかなり上がってしまいました。

ズワイガニは、年々とれる量も減っているそうで、漁獲量が3年後には半減するという予想もあり、ますます貴重なものとなってしまいそうです。

解禁と聞くと、食べたくなる旬の味覚。ぜひ多くの皆さんに味わっていただきたいです。

ズワイガニの選び方やおいしい食べ方、香箱ガニのさばき方などは下記のサイトに載っています。

金沢で最高のズワイガニを食べる&買う――かなざわ自由時間
https://k-jj.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/special/detail.php?fe_no=52&fbclid=IwAR2OoBgkeUpArCmABuZUG-oUmPFFdm2d9soRtUtrf1DuE5Gh0iNtafHzdw8
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加