※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
秋田県
0 209
昨日は「秋田醸友会・60周年記念特別講演会」に出席。山本洋子さんの聞くたびに新しい情報の伝え方の話、新政の祐輔社長らしい酒造業界の分析の話、しかも淡々と。お二人とも聞いてて面白かったですね。
そのあとのパネラーとして出させていただいたんですが、「杜氏枠」で呼んでもらっただけで光栄なことでした。

飛良泉の「若」がいらっしゃっていたので、飛良泉の先代の斎藤昭一郎さんが組合の役員をおやめになるとき、冬蔵に「私はこれから酒造りをしたいんだ。あんなに面白いこと、杜氏たちだけにさせていたんじゃもったいない」と話されて、酵母の培養を中心に「蔵人」になった話をさせていただきました。
このお話を聞いて以来、酒造りは、本当に好きな人しかやってはいけない仕事なのかなと、思うことしばしばです。
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加