※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
広島県
3 160
スピングルの母体である、創業80年以上のゴム総合メーカー「ニチマン」。

多い時には年間350万足を販売していましたが、次第に海外から輸入された安価な靴が市場に出回り、さらに90年代の平成不況のあおりも受け、工場は一時、閉鎖の危機に。

『なんとか、自社工場を残したい』

その一心で立ち上げたブランドが「スピングルムーヴ」だったのです。

スピングル初代モデルSPM-101ができるまでには、数えきれない苦労がありました...

▼つづきはこちら
https://www.spingle.jp/blog/first-spingle-secret-story/
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加