京都府
0 406
小石原焼の豆皿が2ヶ月半ぶりに入荷いたしました。数量に限りがございますのでぜひお早めにご検討くださいませ。小石原焼は、1682年に福岡藩3代藩主黒田光之が伊万里から陶工を招いて窯場を開いたのが始まりです。飛び鉋や刷毛目などの技法は、後に大分県日田市の小鹿田焼に伝わっており、小鹿田焼とは姉妹関係にあります。美しい飛び鉋や刷毛目の器をぜひ毎日の食卓に加えてみてください。
https://www.shokunin.com/jp/koishiwara/mame.html
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加