ニュース
74 1981
小野寺防衛相は10日、北朝鮮が実際にミサイルを発射した場合、安保関連法に基づき「存立危機事態」に認定し、自衛隊が迎撃することは可能だとの認識を示した。
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加