※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
暮らし
1 190
国宝 彫刻の部第一号として有名な、飛鳥時代の「弥勒菩薩半跏思惟像」を再現しています。
右足を左膝に乗せて静かに思索にふける姿は半跏思惟といい、そっと頬に当てた指の先には、アルカイックスマイルと呼ばれる微笑みが浮かびます。

弥勒菩薩は釈迦如来がこの世を去った後、56億7千万年後の未来に姿を現わすとされる仏で、それまでは天上界の兜率天(とそつてん)で修行を続けています。
有名な半跏思惟の姿は、人々を救う方法を思い描く瞑想の姿といわれます。

http://isumu-shop.jp/isumu/7.1/244-012/
キャンペーン期間限定!特製桐箱に入れてお届けいたします。
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加