イギリスのエコノミストが2019年はヴィーガンの年になると発表。
その理由のひとつが、ロサンゼルス市の教育機関が公立学校でヴィーガン給食の提供を予定しているからです。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加