ニュース

バスが崖から100m落下、36人死亡 ペルー

【1月3日 AFP】南米ペルーの首都リマ近郊の高速道路で2日、トラックと衝突したバスが崖から約100メートル下に落下し、36人が死亡した。警察当局が発表した。

 警察によると、事故が起きたのは首都リマからおよそ45キロ北の湾岸沿いの高速道路上で、「悪魔のカーブ」として知られている場所。バスは乗客53人を乗せ、リマの北約130キロに位置するワチョ(Huacho)からリマに向かっていた。

 これまでに30人の遺体が収容され、車内でさらに6人の死亡が確認されたという。地元テレビでは、崖から転落したバスがひっくり返り、海岸のすぐ近くに横たわる映像を放送している。(c)AFP/AFPBB News
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連動画

動画一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加