ニュース

11歳がホールインワン、 ウッズ設計のショートコース

プロゴルファー、タイガー・ウッズが設計を手掛けたテキサス州モンゴメリーのゴルフコースで3月2日、地元出身11歳のジュニアゴルファーが、ウッズが見守るなかで見事にホールインワンを決めた。

プライベートコース、ブルージャック・ナショナルにこの日オープンしたパー3、ショートホール最初のプレーヤーとなったのは、地元出身のテイラー・クロージャー君(11)で、第1打をグリーン中央に乗せると、ボールはそのままカップイン。これには招待客だけでなくウッズもビックリ仰天。

(アメリカ、モンゴメリー、3月2日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連動画

動画一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加