Sponsored

からくり装置を駆使した職人的映像『コーヒー豆の大冒険』に引き込まれる!

コーヒー農園から一杯のコーヒーができあがるまでをギミック満載の「からくり装置」で愛らしく表現──UCC上島珈琲が制作したショートムービー『コーヒー豆の大冒険』がウェブ上で公開中です。今回は本編といっしょに、4日間に及ぶ組み立て・撮影の舞台裏を映したメイキングムービーもご紹介します。

■旅するコーヒー豆の冒険を手づくりの「からくり装置」で表現

 

動画の主役は本物のコーヒー豆。「コーヒーチェリー」と呼ばれる真っ赤に実った状態で収穫されるところから冒険は始まります。

産地で実から生豆へ精製され、厳しい品質チェック。そして基準に合格したコーヒー豆だけが船積みされます。コンテナ船に揺られて海を渡り工場での焙煎・ブレンドまで、からくり装置をころころと転がりながら、たくさんの工程を経てコーヒー豆は長い旅を続けます。


手づくり感満載のからくり装置。小気味よい動きに引き込まれてしまいます

冒険を盛り上げるオリジナルソングもユニーク。さまざまな関門を越えていくコーヒー豆の冒険を優しく、時には熱く応援しているようです。工程ごとに行う厳しい品質チェックでは、かわいい人形が「OK!」の旗を上げてくれます。このからくり装置、よく見るととても芸が細かい……!


かわいらしい人形が、品質をしっかりチェック

最後はハンドドリップでカップに注がれるコーヒー。手づくりの温かみが伝わる映像は、観ている人にホッと一息つかせてくれるような優しい仕上がりになっています。

 

■ものづくりの現場に密着したメイキングムービー

 

UCCの公式サイトでは、4日間に及ぶ組み立て・撮影の舞台裏を記録したメイキングムービーも公開しています。

撮影に臨む際には、一粒ごとに形が異なるコーヒー豆を上手く転がすために「豆オーディション」をおこなって転がりをチェックしたとか。特にバケツから生豆が投下されるシーンでは苦戦したようです。スタッフのみなさんの試行錯誤は真夜中まで及んだとのこと。きっとおいしいコーヒーを飲みながら、がんばっていたのではないでしょうか。もちろん映像からは、苦労している様子だけでなく現場の楽しい雰囲気も伝わってきます。

私たちが口にしているコーヒーがたくさんの人の手によって支えられて届けられていることを、丹精を込めて製作したからくり装置で伝える『コーヒー豆の大冒険』。UCC上島珈琲の取り組みである“カップから農園まで”を改めて知ると、いつものコーヒーがさらにおいしく、楽しく感じられるかもしれません。

UCC キャンペーンサイト
http://www.ucc.co.jp/enjoy/adventure/

提供:UCC上島珈琲
提供期間:2017年2月10日~【PR】

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連動画

動画一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加