IT

意外な発見や面白さに出会える、出身地のFacebookページ

ローカル情報満載! 地方のFacebookページが面白い!

Facebookページで「いいね!」を押すと、さまざまな情報がニュースフィードに流れてくるようになります。ブランドや企業の最新情報やイベント情報、レシピなどさまざま情報が日々発信されていますが、今回注目してみたいのはローカル情報を発信しているFacebookページです。

まず探してみてほしいのが、ご自身の出身地の自治体が運営するFacebookページ。2011年夏には佐賀県の「武雄市役所」が情報発信をFacebookページに移行することを宣言し、話題になりましたが、Facebookページを活用している自治体は他にもあります。「岩手県広聴広報課」では、県内各地のFacebookページから岩手県に関する情報を積極的にシェア。様々なローカル情報と、それらを発信する魅力的なFacebookページに出会えます。

茨城県広報広聴課が運営する「茨城の魅力を伝えたい」は茨城の特産品から茨城県出身のオリンピック選手(!)の試合結果までバラエティに富んだ情報を発信。「ゆかたの取扱量日本一!」など小ネタが楽しい浜松市公式Facebook「いいら!」、兵庫県のマスコット<はばタン>が県内のイベントや見どころをレポートする「はばタンなび(兵庫県広報課)」など、魅力的なFacebookページが増えつつあります。

観光スポットや新聞社、テレビ局など地元メディアのFacebookページにも地元ならではの情報が満載。自分の出身地から情報発信しているFacebookページを「いいね!」しておくと、友達の近況などと一緒にニュースフィードに流れてくる、懐かしい地元のニュースがほのぼのした気持ちにさせてくれます。

また、仲良くなりたい相手の出身地のFacebookページをチェックしておけば、地元ネタで盛り上がり話が弾むかも。“今、住んでいる場所”の話題は一歩間違うと警戒心をかきたててしまいますが、出身地の話題は老若男女を問わず、抵抗なく盛り上がれる鉄板ネタ。Facebookページでローカルネタを知っておけば、初対面の人ともすんなり打ち解けられそうです。

ローカル情報を発信しているFacebookページを探すには、Facebook naviの「都道府県からFacebookページを探す」が便利です。お目当ての都道府県をクリックすると、「いいね!」の数が多い順あるいは増えている順に、Facebookページをチェックできます。市町村などもっと狭いエリアで探したい場合はFacebook上部の検索バーを活用してみましょう。

ちなみに、私の場合は宮城県仙台市出身なので「仙台市」で検索。高校や大学、地元でよく行っていた飲食店などの名前でも探してみました。こうして見つけたお気に入りは「仙台市天文台」。25年以上住んでいましたが移動天文車・ベガ号の存在も、江戸時代の天文観測機器があるということも、Facebookページで初めて知りました。思いがけない発見があるのも楽しみのひとつ。みなさんもご自身の出身地のFacebookページ、探してみませんか。


<関連情報>
都道府県別Facebookページ検索
旅行好きのためのFacebook活用術<計画編>
日本で一番チェックインされている場所はどこ?
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加