ライフ

妊婦と思った女性に席を譲ったらまさかの展開に… 「めげないで」と励ましの声続々

マタニティマークを付けて電車に乗っていてもなかなか席を譲ってくれる人がいないという話をよく耳にしますが、席を譲る・譲られるという行為でツラい思いをしている人は意外にも多そうです。うさまこ(@huwamoco_usagi)さんの弟さんのエピソードがいま多くの反響を呼んでいます。

先日、弟が女性に席を譲ったそう。しかしブチギレられ怖い思いをしたみたい。妊婦さんだと思ったら、ただのふくよかな方だったとのこと。間違えられて不快な思いをしたのはわかるが、どうか怒らないでほしかった。姉が妊娠して、妊婦さんに優しくしようとした若い子のことを悪く思わないでください。

うさまこ(@huwamoco_usagi)さんさんはさらにこう続けています。

身近に妊婦さんがいないと、妊婦さんかどうか見極めるのが難しい場合があります。全ての妊婦さんがマタニティマークを見える場所につけているとも限りません。

妊婦さんは立ちっぱなしが本当に辛いから、めげずに譲ってあげてねと言うことしかできなかった。弟よ、ねーちゃんはお前の優しさが大好きだぞ。

弟さんのその後の様子を確かめたところ、「善意が空ぶったから凹むよね」 と凹んでるようだったとのこと。そんな弟さんへの賞賛と励ましの言葉が続々と届きました。

「どうかめげないで欲しい」
「学生のうちからそんなことできるなんて、本当にすごい!」
「そんな余裕のない大人は気にしないで!」

妊娠中のツラいときに、この弟さんのような人に席を譲ってもらって助かったという経験をした人からのコメントはもちろん、妊婦と間違えられ、席を譲られたことがあるという人も意外に多く、

「"気づかなくてごめんなさいね!今の時期1番辛いわよね!"と親切な奥様に席譲られました妊娠経験ある女性でも間違えることはあると親切な弟さんに伝えてあげてください」
「妊娠されてますよね?譲って頂き、断りきれずお腹を擦りながら座った事があります」
「過去3回間違えられて、3回目の時は全力で妊婦の演技しました」

…と妊婦のふりをして席に座らせてもらったという女性も目立ちました。

「妊婦じゃなくても席譲って貰ってありがとうでいいじゃない」

妊婦かどうかを見極めるのは、妊婦と接する機会のない男の子には特に少し難しいかもしれません。またこれ以外にも、高齢者に席を譲ろうとして「年寄り扱いするな」と怒られるパターンもあります。電車の座席に限らず、若者の純粋な親切心を察し、受け入れて感謝できるような大人でありたいですね。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加