ライフ

シャツを買った後、まず捨てるもの

新品のシャツの包装材を外すとき、シャツ衿をキープしている「カラーステイ」も捨ててしまいましょう。衿羽根にピシッとハリを持たせるカラーステイはドレスシャツの必需品と思われがちですが、はっきり言って不用品です。なぜかというと、今どきのスーツには糊が効いたパリパリの衿なんて似合わないからです。

肩が丸く、ラペルもふんわりと返る3ボタン段返りのスーツ。肩パッドや芯地も極力薄く仕立てられているところに、衿羽根がピシッと張ったシャツがミスマッチなのは当たり前。ふんわりロールした衿羽根のドレスシャツこそがコーディネート的にも最適なのです。クリーニング店でシャツに糊付け指定している人、次回からそのリクエストはしない方が望ましいでしょう。

洗濯するときに外さなくてはいけない上、アイロンがけのときにカラーステイが挿さったままだと、衿先にアイロン痕も残ります。どこぞの議員さんが着るような、シワひとつない英国式鎧スーツなら、びしっと糊付けしてカラーステイを挿したドレスシャツも結構ですが、そんな高圧的なスーツを着てどちらへお出かけですか? カラーステイは、ハーブの鉢に挿して「バジル」とか書いておくぐらいしか使い道がないかもしれません(笑)。 (撮影:石井幸久)

<関連リンク>
しつこいシャツ襟汚れの落とし方
ジャケットのON/OFFの見分け方
シワになりにくいジャケットのたたみ方
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加