ライフ

気合いを入れたい一日は「朝から豚肉」

近年、栄養学の世界では「何を食べるか」だけでなく、「いつ食べるか」の効果について研究する時間栄養学という分野があります。その考えに基づくと、朝に「豚肉」を食べることで、一日を元気に過ごすための健康効果を得られることがわかりました。

■朝の豚肉で日中の代謝がアップ! 肥満予防にも効果的

朝食に豚肉はちょっと重たい。そういう印象があるかもしれませんが、実は食事として合理的な側面があるようです。豚肉は、良質なたんぱく質を豊富に含む食材。そのため朝に食べると肝臓が刺激され、日中の代謝を促し、肥満予防につながります。

さらに、豚肉はビタミンB1を多く含んでおり、米などの糖分を効率よくエネルギーに変えてくれるので、脳の活性化にもつながります。朝食の献立にベーコンを加えるなどで、取り入れたいところです。

■卵は夜に食べると美容効果が期待できる

スクランブルエッグや目玉焼きなど、朝食のメニューとして連想しやすい卵。こちらは、晩御飯に食べるのがおすすめです。卵は必須アミノ酸を多く含み、消化も良いので、夜に食べると美容効果や老化防止につながる「成長ホルモン」の分泌量を上げることができます。

朝に豚肉。夜に卵。普段食べているものに含まれている栄養が、どのようなタイミングで身体に影響を与えているかを理解して、より効果的な食事を心がけてみてはいかがでしょうか。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加