静岡県

【福岡戦プレビュー】
~リーグから続く堅い守備で福岡を撃破へ~

エスパルスは、リーグ前節松本戦で2試合連続完封勝利を挙げた。序盤に猛攻を仕掛けてくる松本に対して、シュートを打たせない完璧な守備で耐えきると、逆に18分にエスパルスのコーナーキック。西澤健太のボールをGK守田達弥がファンブル、素早く反応したドウグラスが、オーバーヘッドでゴールに叩き込んでエスパルスが先制した。これで流れを引き戻してエスパルスは、後半にドウグラスのバイシクルシュートなど惜しい場面も作り、逆に守備では90分を通してシュート2本に抑えて1-0の完勝となった。

ただ、振り返ってみると、エスパルスの天皇杯2回戦も守備の堅い試合だった。リーグ戦とは違うメンバーで臨んだ長野戦。J3の相手というカテゴリーの違うチームと対戦するのは困難な試合になることが多い。前半からシュートはエスパルスの3本、長野が2本という堅い試合になったが、後半に西澤、北川航也、竹内涼とリーグ戦のメンバーを投入することになって、ようやく得点の可能性が見えてきた。その矢先に相手コーナーキックから大ピンチ。ニアで大島嵩弘に合わされるが、高木和徹のビッグセーブで凌いだ。このまま延長かと思われた90+2分。水谷拓磨のクロスを中央で鄭大世とディフェンスが競り合う。こぼれたボールを河井陽介が胸トラップから押し込んで激闘の終止符を打った。リーグ戦で失点が続いていた最中で、この試合は守備陣が完封した試合だった。

福岡の天皇杯2回戦は今季J2に昇格した鹿児島との同カテゴリーでの九州対決。両チームともターンオーバーで臨む。先制を奪ったのは鹿児島...

全文は公式ウェブサイトをご覧ください。
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/43198/

#spulse #エスパルス

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加