約3万年前に絶滅したネアンデルタール人は、ホモ・サピエンスよりも小脳が小さかったことを、慶応大や名古屋大などの研究チームが化石の分析で解明しました。この差がネアンデルタール人と現生人類の交代劇につながったとみられます。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加