【小学校で「あだ名禁止」や「さん付け」が急増したワケ】
2000年代にいじめによる悲惨な事件が多発したことを受け、文科省は、いじめの定義を生徒が〈心身の苦痛を感じているもの〉と、変更した。
あだ名は体の特徴を捉えたものも多いため、禁止にする学校が増えている。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加