<History of Adventure Watches: Landmaster>

「2013年」
史上最高齢80歳でエベレスト登頂に成功
冒険家・三浦雄一郎氏と共同開発した究極のアドベンチャーウオッチ
MIURA エベレスト 2013限定モデル

2013年5月、80歳にして3度目となるエベレスト登頂に挑んだ冒険家・三浦雄一郎氏いわく、「エベレスト山頂は歩いていける宇宙」。-40℃から+50℃という激しい温度変化のあるエベレスト山は、宇宙空間に比肩する、あるいはより過酷ともいえる環境。その中でも「正確で」「見やすく」「止まらない」「邪魔にならない」時計であることが、特別仕様の限定モデルを共同開発するにあたって、三浦氏が強く掲げた要望だった。

ムーブメントには、2009年に特別仕様品が宇宙空間の船外活動で使用され、その堅牢性と耐久性が実証されたセイコー独自の駆動機構「スプリングドライブ」を採用。高地を熟知した三浦氏の新しい発想で設計したシンプルなケース素材には、ステンレススチールよりも約40%も軽量で、かつ強度に優れた純チタンを採用し、ブラック硬質コーティングを施した。また、従来よりも太い針やインデックスにルミブライトを施すなど、細部に趣向を凝らしたダイヤルは、優れた視認性とユニークなデザイン性を兼ね備えた仕様に完成した。

このモデルの発売から約半年後、三浦氏は登頂成功を見事に果たし、世界を驚愕させた。エベレスト登頂の歴史における最高齢登頂者として、今なお“頂上”に君臨し続けている。

<History of Adventure Watches: Landmaster>
https://www.seiko-watch.co.jp/prospex/land/landmaster/historyoflandmaster/

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加