カラダは運動・栄養・休養の3つのバランスで作られている。

記事はこちら⇒【https://bit.ly/2Ihch2f

トレーニング&フィットネス 桑原塾 主宰 
桑原弘樹様のインタビュー記事をご紹介します。
 
 
<プロフィール>
桑原塾 主宰。NESTA JAPAN(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会 日本支部)のPDA(プログラム ディベロップメント アドバイザー)。

*15*年以上に渡ってスポーツサプリメントを企画・開発してきた経験、100以上のトップアスリートやモデルなどに行ってきたコンディショニングやボディメイクの指導実績、自らに課している年間300回のワークアウト、それらを通じて蓄積されたノウハウを、パフォーマンスアップや理想のプロポーションを目指す人たちに還元すべく、セミナーや執筆などを精力的にこなしている。提供されるアドバイスには、サプリメントの活用法から、トレーニングやメンタルまで幅広い要素が含まれる。
 
------------------------------------------------------------------------------------------
 
1)コンディショニングの維持と栄養・休養の関係について教えてください。

コンディショニングについては、下記のような2つの考え方があります。

その1)
スポーツの大会などに向けて、その当日1日に向けてのピークを作る。

その2)
特定の日のピークを作るのではなく、風邪を引かない・怪我をしないといったように一定の状態をキープする。

日常生活をおくる上では、一般的には、その2)のコンディショニングの考え方が大切になると思います。コンディショニングをサプリメントで整えるという局所的な方法もありますが、もう少し広く考えると、コンディショニングを整えるには負荷に対する適応が必要不可欠になります。

 
分かりやすい例えで、トレーニングをしない人でも、地球上には重力という負荷が存在し、僕たちはそれに適応して生活をしています。つまりコンディショニングを維持する為にはどういった負荷を身体にかけて、どう適応していくかがポイントになるということです。

日常生活の負荷は?というと、生活強度であったり、トレーニングの内容になります。そして負荷に対する適応の2大要素が栄養と休養なのです。
よく運度・栄養・休養の三位一体で身体は作られると言われますが、もう少し細分化すると、運動という負荷に対して適応という要素に栄養と休養が含まれ、この3つのバランスで身体は作られます。
負荷と適応を上手に繰り返すことで身体が作られ、コンディショニングが整っていくのです。
 
 
2)パフォーマンスをアップさせる為に大切なことは

つづきはこちら⇒【https://bit.ly/2Ihch2f

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加