脳震盪(のうしんとう)は、頭部に衝撃がかかった直後に、一時的に意識を失ったりめまいを起こすなどの症状をきたす傷害です。

アメフト、ラグビーや格闘技などでよく発生します。頭を打たなくても、揺さぶられることで起こることもあるので注意が必要です。
実はこの脳震盪、後遺症の影響が怖いのです。何十年も経ってから悩まされる選手が後を絶ちません。

ラグビーの各国主要リーグでは「HIA」といって、頭部にダメージをおった恐れのある選手を試合中に医師が診断する制度が取り入れられるようになっています。

ATCの山口淳士さんにこの脳震盪について解説いただきました。https://stretchpole-blog.com/concussion-facts-18671

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加