京都大学在学中に華々しく文壇デビューし、「三島由紀夫の再来」とまで謳われた平野啓一郎さんは、普段持ち歩く荷物が決して多くないタイプ。しかし、バッグがなくても事足りる日もある、でも手ぶら男のどこか間の抜けた雰囲気をよしとしないという、高い美意識をもっています。
詳しくは→https://www.pen-online.jp/feature/fashion/zanellato-4/

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加