【宙に浮かぶ! フラワーボール展示中】

一般財団法人 沖縄美ら島財団 総合研究センター植物研究室では、植物を下からも眺められるハンギングバスケットを製作しました。

ハンギングバスケットとは、植物を壁や天井から吊り下げた鉢に飾りつけ、空間を演出する手法です。
ハンギングバスケット自体は手軽に楽しめる手法ですが、下からも眺められるように綺麗に仕立て上げるには、花材選びや栽培技術などで工夫が必要です。

写真のハンギングバスケットは植物研究室の実験圃場で、約2ヶ月間かけて仕上げました。

これらのハンギングバスケットは沖縄県名護市にある「なごアグリパーク内スーパーファーム」でご覧いただけます。http://nagoagri.okinawa/

空中を彩る花々を眺めにいらしてください。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加