日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が、6月の役員改選で続投せず、退任が不可避であることが分かりました。会長留任が既定路線でしたが、ここにきて退任論が浮上したのは、国際オリンピック委員会の意向が働いたからです。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加