探査機「はやぶさ2」は16日、小惑星「リュウグウ」の着地準備のため降下中に異常を検知し、降下を中止した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が明らかにした。機体は正常で、原因を究明して作業の再開を目指す。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加