奄美大島(鹿児島県)では20年ほど前まで、土葬された遺骨を海水などで清める「洗骨」が行われていた。ジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳氏は「こうした風習には死に対するケガレ(不浄)思想がある。これは古代から続く天皇の葬送法である殯(もがり)とも共通する。その負担は大きく、上皇の葬送は土葬から火葬に変わることになった」という――。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加