[Keio Times]目前に迫った100m・9 秒台。2020 年東京五輪に向けてベストな走りを追究するトップアスリート陸上選手(卒業生 山縣亮太君)

在学中より、ロンドン五輪に出場。大学卒業後もリオデジャネイロ五輪やジャカルタ・アジア大会に出場し、メダルを獲得した山縣亮太君(総合政策学部卒)。陸上競技との出会いと塾生時代の話、100m・9秒台を目指す練習メニュー、2020年の東京五輪に向けた抱負などについて聞きました(2018年12月取材)。ぜひご覧ください。

https://www.keio.ac.jp/ja/keio-times/features/2019/5/

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加