セブン-イレブン・ジャパンとローソンは、消費期限切れで廃棄される、いわゆる「食品ロス」を減らすため、消費期限が近づいた弁当などについて、実質的な値下げ販売を始める方針を固めました。

(JNNニュース 5月17日放送)

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加