昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げています。真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、触るとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがあるといいます。専門家は見つけても触らないように呼び掛けています。 ⇒ https://yahoo.jp/L6p-Xw

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加