ユニバーシアード日本女子代表 準決勝ロシアを撃破し、決勝進出

ユニバーシアード日本女子代表は7月10日(水)、ユニバーシアードロシア女子代表と決勝進出をかけて戦いました。

試合はロシアの勢いと素早い攻撃に押される展開になりました。流れを掴みたい日本も細かなパスからリズムを作ろうとしますが、判断スピードが遅くパスがずれてリズムに乗れません。10分、石田菜々海選手のパスに背後のスペースに飛び出した小山由梨奈選手が合わせますが、わずかにオフサイドの判定。このプレーからゴールに向かう場面が増え始めると14分、右サイドでパスを受けた千葉玲海菜選手のクロスを大内梨央選手が落ち着いてシュートを決めて先制します。その後も右サイドの千葉選手がチャンスを演出しますが、ゴールには至りません。

▼続きはこちら
http://www.jfa.jp/national_team/universityw_2019/news/00022015/?fb_nj_20190711

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加