【日本橋梁技術の先駆者が設計した橋】
1924年の今日、石川県の犀川大橋(さいがわおおはし)が完成しました。
金沢市の犀川に架かる橋で、もともと1594年に木橋として架けられましたが、架替や豪雨による流失を経て、現在の鉄骨トラス橋となりました。
日本橋梁技術の先駆者である関場氏が設計を担当し、登録有形文化財に登録されているんですよ

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加