「私たちはもう日本に負けない」を新しいキーワードに韓国のナショナリズムを刺激している文大統領。日韓合意の破棄や徴用工訴訟の経緯をみると、文政権の対日政策は当初から現在の事態に導くべく周到に準備された形跡があります。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加